免許

大型2種免許取得への道 その9 まとめ

ということで 無事大型2種免許を普通免許から取得することができました。

正直この2週間 

考えることは   バスです!

話はほとんど   バスです。!

夢の中まで    バスです。!

この免許は 数十人のお客さんを乗せて走る事ができる免許です。責任重大です。万が一事故でも起こしたら 人の命の責任が重大です。もちろん普通車でも同じ事は言えるんでしょうが。

そういう意味では 厳しい2週間でした

終わってみるとy手自動車学校は いい学校だと思います。

食事もしっかりしてますし(これだけ苦労して 実際3キロ太りました。)厳しい教官に言われると へこむんだけど やはりそれは 自分ができてないから 厳しく言われるのであって

 もっと努力しないといけないと思いました。

へこんだり 怒ったり いそがしかったですが 合宿免許ということもあり いろんな方との出会いがありました。

一番印象に残っているのは 青森からきた 年配の方です。

いままで トラックなんて 運転したこともないし 普段はオートマの軽自動車 年に1度位軽トラがマニュアルなんだ!と言っておりました。

そのかたが この年になると なかなか どこも雇ってくれないからさ~と 大型2種と大型特殊取りにきたんだ~と年下のわらわに正直に話してくれたのは 印象深かった。

周りは ドライバーの人だけじゃない!

言い訳なんて出来ない!とつよく思いました。

あとは 50過ぎの 女性です 体も小さいのに がんばって バス運転してました。ほんと頭が下がります。

あとは kさんですね!13日間 常に一緒!

しかも ホテルの部屋は隣だから 何やってるかわかります。壁一枚で隣に寝てるから寝相が悪いのもわかっちゃうんです

 3食の食事も一緒。彼の存在は大きかったですね

 年齢も性別も違う人が全国から集まって 同じ目標に向かって がんばって お互い励ましあって....いい経験になりました

また 自分を見つめなおす いい機会になりました。

ほんとに、ありがとうございました。(感謝)

これで おわり

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その8 本検 釜石編

4月27日 忘れないうちに 学科も 取っておこうとおもって 釜石免許センターへ向かいました。ギリギリの時間でしたが なんとか間に合いました。

実は学科の教本を教習所に忘れてしまって 夕べは勉強してませんが。学科は自信があります。

50分の試験でしたが 

コツは最後の2点の問題を間違えないことです。100点満点の90点以上で合格です

1点の問題は 10問間違えることができるが 2点の問題は 5問でアウトです。

やってみると いままでの問題と全然違います。ヤバイと思ったけど 怪しい問題はチェックしておいて 最後に確認することにしました。

1分前くらいにやっとおわりました。

待ち時間の間 kさんから ℡で 俺だめだったよ~報告が。 イヤーな予感です。

11時25分 合格発表のアナウンスです。

801番!ありました。

小さく ガッツポーズですpass

大型2種免許

 きっちり2週間で取得することができました。lovely

すかさず Kさんに 電話です 

お先~!bus

これがいいたかったんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その7 卒業検定

4月26日 いよいよ 卒検の日です。

天気は晴天 外の空気がうまい!

というか 妙に落ち着いている。心地よい緊張感だ!

朝は いつものように ハムエッグを食べて 今日で卒業予定なので 荷物も車に片付けて8時半には ロビーで談笑。

終了検定のときより 気分は楽です。

9時に迎えのバスに乗り いざ 教習所へ!

今日は 卒検は10人 そのうち 大型2種は5人です。特に同期のkさんとt君とは同時に卒業したい。

コースを教えられて 方向転換がないことを 知らされて

 イケル!とおもったんです。

方向転換は まだ苦手意識があります。

みんな 緊張してます 21歳のn君は 大型免許取得なんですが

 彼は足が震えています。

いままで 余裕たっぷりだった t君でさえ しゃべらないと 落ち着かないみたい。

kさんもやはり緊張は隠せないです。

トイレにいったんだけどtoilet ズボン下ろさないで 便器に座ったといってました。bomb

なかなかこんな緊張感味わえませんね。

わらわは なぜか 落ち着いているんです。 今現在でやれるだけのことはやったという気持ちがあった気がします。

バスは 3台使用で わらわは 一番乗りやすい 14号車 ハンドルもよく切れるそうですそれもあって 落ち着いています。

9時45分 kさん 出発!

9時50分 いよいよ、わらわの番です

まずは 坂道発進!うまくとまり ゆっくり発車 うまくまとまりました。

次が 問題の鋭角です 

センターライン踏まないように車体を寄せます 鋭角に入ったら今度は右すれすれに 車体を寄せます。そして三角形の頂点ギリギリで 一気にハンドルきって 車体を曲げます前タイヤが落ちる寸前でハンドルをまっすぐにします(昨日の失敗が生きています)

今度はバックですギリギリまで寄せているから 下がるのも狭いです 脱輪しないようにしてまた 前にでて ギリギリまで寄せます。少し心配だったので 再度切り返します

次は確実に曲がれると確認して 左側も充分なスペースがあります。イケル!

ここで一気に回します。心の中で(ヨシッ!goodと叫びました。

鋭角を出るとき今度は90度の左折なんで 脱輪注意して少しオーバー気味だったけど無事鋭角終了!

次は縦列駐車です

ここも自信があるとはいえ 慎重に行いました。昨日ハンドルがまっすぐでなく 失敗したので ここで 深呼吸して車体が入ったのを確認して 一気に寄せました。最後に後ろ50センチ以内に寄せるんですが これも クリアーです。

苦手の課題克服です

ここから路上です 制限速度守りながら 慎重に走ります。もう対向車がきても恐怖感ありません。 

3回ほど バス停停車があっけど これも 完璧クリアー

なんとか教習所に帰ってきたんだけど 最後まで気が抜けないです。エンジン切って。フットブレーキから足を離して やっと終了です。

教官から 大きなミスなく走れましたねgood

 太鼓判頂いたようなお言葉を頂きました。

自分でも 今までで最高の走りで いいパフォーマンスが出来たと思います。これで落ちていたとしてもなんの後悔もありません。

休憩所でみんなをまっていると 疲れ切って帰ってきます。

どうだった?と聞くと 皆やるだけやったという表情です。

しばらくして 個室に皆呼ばれて 全員合格pass!といわれました。うれしいと言うか ホットしました。

ほかの教習生からも おめでとう!と祝福されましたhappy01

うれしかった。

卒業の書類渡されて 最後の昼食食べて ホテルへ。

t君は まだ 大型特殊の免許があるから 居残りです。ここで彼に(お先!) kさんと n君とふるさと村でおみやげ買って 北上に送り。握手して帰宅することができました。

みんなのおかげで みなさんと 同じように卒業することができました。

感謝です。ありがと! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その6 路上編NO3

4月25日 本日が最後の教習である。 ここで 課題をこなせないと 卒業検定は かなり厳しい事になる

まず16時間目 k村さん やさしい教官です

まずは 路上ですが ここはすんなり終わりました。

問題の課題です。

鋭角 なんとか 2回の切り替えしでクリアー いい感じです

そして方向転換 
問題の 後ろ左に入れるんですが これが もうすでにわかんなくなっている。
なんせ 遠近感がないから バックミラーで確認しても 後輪がどこにあるかわからない。

ポールにぶつかる 気がしたんで

 一度切り返しして なんとか 入れる事ができたんだけどなんか かなり不安です。ここで 気が抜けたのか 出るときに 右側が脱輪しそうになってブレーキ踏まれていまいました。 やはり 車両感覚が全然できていない。

ここまできて なんで こんところで脱輪するんですか! と言われてしまった!

ごもっともである!注意力散漫である(反省)

そして 最後の 授業17時間目 ミスターy手自動車 O野さんである

この教官の 最後まで面倒みますという言葉で 入校したんで

 何かの縁かもしれませんホント 事細かく教えてくれます。
口うるさいくらいなんですが 何故今 注意されえたのかしっかり教えてくれます。
多分厳しい方なので わらわも必死なのが良いのかもしれません

路上では 右折車線に入るとき 後ろの車の事まで考えなさいといわれました。バスは車体が大きいため オーバーハングします。当然 後続車にも少なからず影響します。

路上では あまり 細かく言われなかったんですが 

問題の課題です まずは鋭角です 

鋭角に入るとき センターラインによるんだけど ここで センターラインを踏んでしまったんです。すかさず センターライン踏んでますね!すかさず注意です。

なんとか 自信がついてきた鋭角ですが 必死になっていると 思わぬところに落とし穴が.......。

.

実はバックするとき ハンドルをまっすぐにするように 指導されているんだけど
 これがタイヤだけみてるから まっすぐになっていない。すかさず注意です

2回目切り替えしたんだけど 
ホントは三回切り返しできるんだけど これが最後と思っていたわらわは

 タイヤをみて 脱輪しそうなのは解ってたのに 思い切ってイってしまいました。 

当然 脱輪です。

教官 顔色変えてしかも 目がおっきく 開いてました

 今タイヤ見てたよね!

どうして もう一度切り返ししないんだ?と問い詰められられました。 

わらわ(実は今まで 計算間違えていて すべて2回で 回ろうとしてました。)

教官(もう一回あるんだから 落ち着いてやりなさい)

タイヤをもどして とりあえず 鋭角終わり。

次は 縦列駐車 これは少々自信がある。

しかしここでも 問題発生!

またもやハンドルをまっすぐにするところを まっすぐにしていなかった

当然 バスは入らない!そこを指摘されて なんとかギリギリ 入れたんだけど あわてているわらわは 

後ろのポストに激突!

まさに負の連鎖である!

次が 苦手の左折側の 方向転換 ここでも 臆病になっているわらわは 何度も何度も切り返しの連続。まさにふんだりけったりの状態です。

最後に教官が 低速走行のお手本を見せてくれて おわり。

最後に あしたは 落ち着いて腹くくってがんばりなさい!

とここまでか!というほど 失敗したわらわに励ましの言葉です

しかし この最後の授業で 大失敗したことが プラスの方向にかわります。

なぜ できないのか なぜ失敗するのか!よくわかった気がします

ミスターy手自動車O野教官 ほんとに 感謝です。

つかれきった わらわは そのまま送迎バスにのりホテルへ帰ったんだけど。12日間ホテルのシャワーしか浴びていなかったので 近くの ゆうゆうという温泉へ

体の汚れを落とし サウナに入り ゆったりして 温泉の中にある 神社にお参りして早めに晩御飯たべ 一人ゆっくり 晩酌して。

ここまできたら 開き直るしかありません。早めの就寝でした。

つづく 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その5 路上編NO2

4月22日 路上教習7時間目 

今日の教官は w辺さんです。若い方ですけど わかりやすいです

一番言われたのが

 何か予測できないことが起きると 余計な動作がありすぎるということでした。

 例えば 右コーナー右折中にギアが入ってなかったんだけど そのとき ギアはいってませんよ!といわれた時

 ついつい ブレーキを踏んでしまった。確かに無駄な操作です。

そして 3速まではスムーズに入れること 言われました。

鋭角コーナーも やったんだけど なんとかできそうな 感じをつかむことができた、

この教官に言われたんだけど 

バスのトリックというか 罠にはまると なかなか抜け出すことができないそうです わらわもそれに はまっているそうです。

8時間目はシュミレーションでした 危険予測というか スピードを出せば出すほど 到着時間は遅くなるという実習でした ためになります。

9時間目 

t岡教官

この時間は 路上でて 教習所かえってきて 

まずは 鋭角コーナーです。 

できました!やっとできました!マジうれしかったです。

次は 縦列駐車 

雨の為 見えずらくて やりずらかったけど 一度切り返ししたけど なんとか はまりました。

次は 方向転換
 ここで オーバーハングで 前タイヤが脱輪しそうになって 注意されて 再度チャレンジで なんとかできました。 しかし 見えやすい 右バックだからなー左バックが不安です。

この日 実技講習はこれで おわり 

ここで2時間 時間空いたので 学校内の 学科の試験をすることにしました。

t君 kさん わらわの 3人で テストしたんです。

90点以上で 合格なんですが、

なんと わらわは 

一回目で 96点の高得点!

おもわず すごーい!

と叫んでしまいました。

まあ 3人とも 1回で 90点以上とったんですけど 皆さん2~3回くらい受けるみたいです。

Kさんには 

さすが 本番につよいなーと ほめられました

4月23日 この日は 学科5時間 実技3時間の一番のハードスケジュールです。

学科は応急救護と言って 人口呼吸や 心臓マッサージ等 習います。さすが2種免許だと関心しました。

実技が セット講習です 

A部教官が 担当です 

kさん t君 わらわの3人と教官の4人で バスに乗り 人を乗せてる感じをつかむみたいです 

順番は t君 わらわ kさん です。

わらわの 時が 一番の街中です 

さすが 子供たちはいるし 緊張しました

しかし ひとつ疑問が残った 

優先道路だったんだけど 車と自転車が 左方から 走ってきた 車が一時停止で止まるのが見えたが 自転車が 止まるのが見えなかったため ブレーキを関係ないところで踏んでしまった 

教官には 優先道路ですよと 言われたが やはり 一時停止しない自転車もいるはずだ! そんなときも 普通に走っていいんだろうか?

ブレーキを踏めば 乗客は 不快感を持つはず!

教官にきいたが 明確な答えは みつからなかった。

このあとビデオみたり シュミレーションしたりして 本日は終了。

4月24日15時間目

シュミレーション 雪道そ想定しての 走行

一番勉強になったのは マイナス10度のときより マイナス3度の時の方が車は滑りやすいということだ。これは 氷の表面が解けた時の方が滑りやすいということなそうだ。

16時間目

山道での走行

はじめて 山道を走行する。

これは 急な下り坂のとき バスは重いから ブレーキがききづらいことを体験して欲しいそうだ。

この日は 2時半に授業が終了です。

酒好きの kさんは もうすでに 飲み気分ですが 

わらわは 拒否!自分のペースは守りたい。

いちおう 5時に約束 彼は パチンコ屋に 消えていったので 洗濯をすることにした。5時には洗濯は終わるし 彼も パチンコが調子よければ かえってこないはず。

5時に彼から ℡入ったが 乾燥してからでも いいよ!というので お言葉に甘えて 乾燥機まわして やきとり かしらやさんへ 向かう

ここが ホント 安いんです 焼き鳥 一本40円?シンジラレナイ?

それを セットで頂く。

はじめは生ビールbeer イッキに飲む 旨い!あと二日 お互いがんばろうと!乾杯したのだったが 彼は すでに 日本酒のんで ビールまで 空けている。 そこに 生ビールのんで 次が 日本酒 飲んでました。飲みすぎである。

彼は 普段は ホントまじめである。人に気を使うし。いい人である。

禁酒をすすめたくなった。

つづく

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その4 路上編NO1

4月20日 晴れて仮免取れたので 

いざ路上です。

教官は h坂サンです

さすがに路上は緊張します。なんせ 幅3,5メートルの車を運転して路上でるのは 初めてです。 

大型トラックや バスとすれ違うと 恐怖感がわいてきます。

 まずはじめなので 郊外での講習なんですが ブレーキが気になります。 

とまる自信がないのに スピード出すのは怖いです。

幸い教官が補助ブレーキ踏んでくれるので 助かりますが それでもすれ違うたび 左側に逃げてしまいます。

あとは 距離が長いので ブレーキを じわっと踏む練習です。 

一度60キロ出しているとき信号が黄色に変わったので ブレーキ踏むと じわっと とまれました。これがいいきっかけになったと思います

h坂さんにも そのくれいブレーキに神経使ってれば いずれうまくなるよといわれました。

しかし鋭角コーナーで失敗というか 仮免に必死で 覚えていませんでした

再度教えてもらうんだけど ぜんぜんわかりません。(反省)

路上2時間目です 教官は 優しそうな Y川さんです

少し気の緩みが出たのかもしれません 周りの景色が見えるようになりました。

これが災いの始まりです 

感覚が普通車に戻っています。

ゆるいコーナーで 左側が 縁石にぶつかりそうになり 教官に大きな声を出されました

ブレーキかけるのが 早すぎる もう少し いってからかけないと 関東いったら 割り込みにあうぞ!

極め付けが 十字路を右折しようとしたら

 大型トラックが 右側に止まっています。

それを見落として 大回りしないで 交差点に入ったもんだから オーバーハングで ギリギリです あぶねぇ!とまた教官に 大きな声を出されました。

教習所かえって 深いため息をつくと 教官が疲れたか?と優しくなだめてくれましたが。ものすごい反省した1時間でした

やはり路上走ってるんだから 緊張感もたないとダメだと反省しました。

この時点で 顔つきが おっかなくなっていることをkさんに指摘されるが もう完全なマジモードです

しかし Kさん曰く

そんな おっかねー顔した バスの運転手のバスになんか乗りたくねえよ~!

ごもっともな ご意見であります。

路上教習 3時間目。

s教官です

前の時間の反省もあり 緊張感たっぷりです 速度制限の標識も自分で全て確認しなくてはなりません(まあ当然なんだけど)

でも60キロだすところで 出すことができないんです。やはりバスに恐怖感がまだあります

でも ブレーキのかけかたも問題ないですと 言われ まずはバス慣れてくださいと励まされる。

翌日 4月21日 路上4時間目 

このときの教官には 本気でキレてしまったんですpunchbomb

 大人気ないので 内容は割愛するけど 

後日彼は おそらく言いすぎたのだと 思ったんでしょう 

一人で休憩室で勉強しているわらわに勉強してましたか?

と声をかけてくれて、鋭角コーナーの回り方を教えてくれました。

そしてがんばってください!

と声をかけてくれました。

少し心の くさびが とれた気持ちになりました。

5時間目 ミスターy手自動車のO野さんです。

一番厳しいと言われる教官です。

この日も クラッチのつなぎが荒すぎる。もう少し丁寧につなぎなさいと 早々に言われ、普段何気なく ギアチェンジしてるんだけど 

そのつど どうして今 ギアチェンジしましたか?など 質問攻めです。

タコメーターが1000回転しかないのに ギアをあげたらどうなりますか?

1500回転で ギアチェンジしてください! もう ひざを押さえられながら 必死です。やはりバスの運転手はそこまで気を使わなくてはならないのかと 考えさせられました。

なれてくると 次は エンジンの音を聞きなさい

コーナーの回り方も 細かく指導される。自分でも 上手く回れるようなきがしてきた。

結局 このO野教官が 一番教えてくれる気がする。

最後に 言われたんだけど

お客さんに不快感与えないように運転してください。

(どうですか?いままで かんがえて運転してましたか?)と問われたんだけど。

(すいません ぜんぜん 考えてませんでした)と 答えるのが精一杯でした

今までのテキトーな運転を 反省した 1時間でした

ホント感謝です。

6時間目です 教官はやさしいk村さんです

前の時間のミスターのおかげもあり 少し 滑らかな運転になりました

K村さんに 問題ないですよ~と言われる。 うれしかった。

しかしこの日から 鋭角コーナー克服するために 毎日悩む事となる。

幸いノートパソコンもっていったから 調べることができた。

参考URL

http://www.menkyotoroune.rulez.jp/2syu/2oogata.html

ホント 毎日毎日 必死です。毎日がメモリアルデーになりそうです。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道3 仮免許編 NO3

4月20日 今日は 仮免取得の為の 終了検定の日です

前の晩から かなーりの緊張です。

kさんと打ち合わせして とにかく 脱輪やポールに当たることがないように がんばりましょうと 話あった。

教習所で一緒に習っている方に

100点取ろうと思わないで 60点取るつもりでやれば大丈夫だよ!

と励まされたのも ありがたかった!

大型2種は3人の試験だったが わらわが 一番最初に試験することに なった。

これが幸いしたんだと思うけど

 まったく 緊張がなくなってしまった。

kさんは 教習所で待機 tくんはバスの後ろにのりました

s教官に 準備できたら でて下さいと 言われ 

いざ 出発!

しかし 大型の修検と重なり その後を走る事となり やりづらいです。もう少し考えていただきたいものです

まずは 外周を回り 

次は 坂道発進です。この日のバスは古いタイプです。サイドブレーキは前にあり やりずらい型式です。 すこーしだけ 下がってしまったけど まずまず順調なすべりだしです。

次が路端駐車です

線から30センチ以内にタイヤを入れなければなりません。いわゆる バス停でとまる練習です。 これも 難なくクリアーです。

90度のカーブとかは もう 脱輪防止のため オーバー気味に回ります。

確信犯ですが仕方ありません。

合格が先です。

次はS字コーナーです。 これは 一度も失敗したことないから 大丈夫です。

最後に バス停に止めて 終了です。

教官に ずいぶん 大回りでしたねー!

お客さんが後ろに乗っていること考えて運転してますか?

とたずねられるが 

確信犯です。

減点されても 最後まで走るのが目標です。 

自分としては 現在時点で これが精一杯のパフォーマンスでした 仕方ありません。

これでダメなら 仕方ないという気持ちになれたので 良かったです。

次は t君の運転で kさんが後ろです。

わらわは 教習所で一休みです

t君終わり 次はKさんの番です。

彼もプロドライバーなんだけど すごく緊張しているのがわかりました。

一度失敗すると負の連鎖がおこります。

出発の時 変な音がしたんだけど 

これが 

負の連鎖の始まりです。

その後 坂道発進で 少し下がってしまい、

ここで 真っ白になったそうです。

 後ろにのっていてわかったけど 

コーナーまわる スピードが早いです。

それでも最後まで走りきって kさんはなにやら 説明を受けていました

正直 イヤーな予感がしたんです。

彼は 言うまでもなく、相当落ち込んでいました。

しばらくして 3人とも合格という話を聞き 正直ホットしました。

これで 路上にでれます!

ここで 自慢を言うのを忘れてたので 付け足すけど

入学説明の時 適正検査をするんだけど 

その結果 わらわは 全てにおいて問題なしという結果がでたんです。 これは 

1割の確立というのだから 自信になりました。

つづく 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道 その2 仮免許編NO2

昨日の6時間目の続きがありました。

このとき あい路というのを 教えてもらいました。ようは 前進でしながら ハンドルを切って枠の中にバスを入れるんです。 内輪差や タイヤの位置を意識すれば できるようになります。 この時 O野教官に言われたんです 

(サイドーミラー頼りすぎですよ!いつもミラーばっかり見て 前をみていませんね!

脱輪したら脱輪したで いいじゃないですか!ミラーをみなくてもタイヤがどこの位置にあるかわかるように 車両感覚を磨きなさい!。)

そして、失敗を恐れないで がんばりなさい!

ありがたい言葉です。 感謝!lovely

4月17日 4日目です今日も午後からの講習です

今日の講習は7時間目で 方向転換です。車庫入れみたいなもんで、ポールの間に バスをバックで入れて 脱輪しないように 出すんです。

教官はA部さんです。若い教官で とってもわかりやすいです。

右バックと左バック 両方やるんだけど 一番怖いのが 

オーバーハングで 

 ポールにぶつかってしまうんじゃないかと 躊躇してしまうんです。 一度ブレーキ切りかえししようと思ったんだけど 

このとき A教官に 

(バスを 降りて 確認してきなさい)

 勧めらたんで バスを降りて 見たんだけど 全然 ぶつかる様子がない。

コツは後輪だんだん コーナーの角に すこしづつ寄せる 後タイヤが入ったら オーバーハングに気をつけながら いっぱいに回す
バスが 入ったら ハンドルまっすぐにして 後ろポストにぶつからないように 下がり 50センチのところでとまる。

この時は 意外と簡単にできた(しかし後々 苦労することに......。)

8時間目 縦列駐車です 教官は F原さんです。

これも意外と 簡単にできた! 

コツは 後ろタイヤが 止まる場所に入ったら ハンドルを一杯に切る。そこから 奥の角のポールが見えるまで 進む。ポールが見えたら ハンドルをまっすぐにして後ろタイヤがバスが止まる 場所に入ったらフロント左側のポールがぶつからないように 気をつけてバスを 場所に収める。

なんとか この日は 無事に終わることができた。

夜は また コンビニ24hoursで お酒を(しかも日本酒)買って 爆睡ですbeer

4月18日 9時間目 シュミレーションですので省略

10時間目 O原教官

はい それでは あい路やってください!といわれるが、あい路と 方向転換がごちゃまぜになっているんです。 

あい路なのに 方向転換しようと してしまう!

教官に 

あなた何がしたいんですか?と言われてしまいました。

再度挑戦です センターライン踏まないように ギリギリで進んだつもりだったけど

なぜかサイドミラーミラーにセンターラインが写らない?

おかしいと思ったのは 後のまつりです。

センターラインは タイヤの下でした。

見えないはずです.......。punch

4月19日 昨日の失敗は復習したんで 課題は 大丈夫です 

11時間目 w辺教官です。やさしい教官なので 色々教えていただきました。

自分ではやはり上手くできていないな=と痛感する。

何ができたいないか=結局内輪差が怖い 

脱輪したくないから 大回りになるし 

ブレーキも バスが変わるたび 違うから 上手くとまれない。

 しかし 授業はつづくんです 

12時間目 みきわめです。 

課題はなんとかこなすものの やはり ぎごちないです。

教官曰く 

走るだけなら だれでもできる。曲がるとき きちんと寄せることが できるか?細かいところができてるか?鬼のような指導です。
 でも 少し とまって 明日は 仮免の試験だけど 何か聞きたいことないか?)と促されたので 確認とか 色々聞いてみた。言葉は乱暴だけど 的を得た返事の思えた。 

この日は わらわ達の前に入校した人たちの 卒業検定も あった 

みなさん 大型免許をもっている人たちなので 色々教えて もらったんだけど ホテルも一緒だし 結構よくしてもらいました。

 
その中に 運送会社の所長さんやってる 方がいたんだけど その方が ものすごい 緊張してるんです。

 ほかに人に 

必要以上に緊張しすぎだよ~

とからかわれていたけどなんか気持ちが わかりました。

でも お世話になった 同じホテルの人 3人とも皆さん合格したみたいでした。pass

その中の ロン毛の イカした 人が わらわたちに向かって 

お先!up

といってかえってしまいましたrvcar

思わず カッコイイ! わらわも お先!

といって卒業するのを 心に決めたのでしたgood

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型2種免許取得への道その1 仮免許編

にいちゃんは このたび 大型2種免許に挑戦することになった。 バスに乗ってみたかったし 普通2種免許と大型自動車免許が欲しかった。

それなら大型2種免許のほうが割安だし 一度に取れるので 手間が省ける。しかし いきなりバスに乗るのは さすがに恐怖感が そこで東北にある Y手自動車学校に電話してみた。

事務員さんが電話にでてが 普通免許から 大型2種とるのは 不安なんですけど~と聞いてみたら O野さんという男性が 

同じ取るなら 大型2種のほうが お安いですし 最後まで面倒見ますYO~。 

いまなら 通常より 5万円安いですし 4月14日入校されるなら 

あなたで最後になります。

 たぶん 乗り越しして 迷惑かけるとおもったし ここなら 乗り越し料金含みで そのほかには一切かからない!思わず (お願いします)と言ってしまって入校決定!

後にわかったんだけど 一緒に入った仲間が三人いたんだけど わらわの番号が一番若かったんです。 

おそらくわらわの申し込みが一番最初である。

 ノセラレテしまったんでしょう!
383,250円也~出費です

オートバイ売ったお金を取り崩しましょう!

4月14日入校です Y手自動車学校に お昼頃到着すると 視力検査とか行って1時40分から入校説明でした。

一緒に大型2種免許受ける人は3人です

1 わらわ
2 kさん (同年代の普通免許の4トン車のドライバーさんです。
3 t君 (一回り若い。 大型免許保持していんだけど取り消しになった事があるので普通免許です、でも経験者だからドライバーさんです)

2時間ほど入校説明を聞いて 次は1時間目の学科です。安全確認に授業です当然メモを取るのだが ここは きっちりメモを取らないと あとあと大変です。

 

実技は初日からです。

Y川教官です。一見やさしそうな人です。外回りのコースをぐるっと回って

 ハイ交代! 運転してみて。!

正直 このまま助手席で 過ごしたかったけど、乗るしかありませんね。 何をどうしたなんて 覚えていません。ひとつだけおぼえているのがいきなりUターンさせれれました! 倒れるかと思いましたが

 教官曰く 

計算してやってるから 大じょうぶだよ!ですと。。。。。

で実技2時間め S教官です。恐る恐るのってるせいか なんかぎこちない 路端駐車やったんだけど なんとかクリアー

しかし エアーブレーキにてこずります

 バスに初めて乗る人は このエアーブレーキで悩むみたいです。

なんせ 踏み方が 普通車とはじぇんじぇん違います。あとで聞いたんだけど わらわがならってきた ポンピングブレーキは バスでやるとエアーが抜けて 逆にブレーキがきかなくなるそうです。

ノッキングはするし エアーブレーキでガンガンするし 教官もイライラしたんでしょうなんか一時間 小言言われておこられっぱなしでした。(この教官はホントは優しいそうです)

このあと ホテルに帰りました。Y手ステーションホテルです。まあまあなホテルです。少しつくりが古いけど 仕方ないですね。食事もまずますおいしいです。

Kさんとは となり部屋でした。 

そこで初日から というか初日だからという理由でとなりの魚民にKさんとのみに行くことになりました

kさんは 昼間はまじめな人です 

しかし お酒を飲むとダメ

飲めば飲むほど飲みたくなるタイプです。9時には部屋に帰りたかったんだけど もう一杯 もう一杯と 増えていきます。 結局 最後は わらわが もう一杯とういうのを 制して かえる事に しました。 

すこーし いやな予感がしました。

4月15日 二日目は 午前中 3時間学科の教習です。午後は仮免取得前は2時間しかバスにのれませんので 2時間のみです

3時間目はH坂教官です。ここでしこたま へこむ事になってしまった。

まずは ハンドル操作です

 内掛けハンドル 送りハンドル やってはいけないハンドル操作ばかりやってるの 指摘されますそれも一時間みっちり。です

ついには片手でまわしてもいいから というところまで やりました でも直らない

すわる姿勢も悪いです それも指導されます。

ブレーキ操作もダメです 未だに ガンガン揺れます。このH坂教官 ホントは優しい教官です。

ここで 2時間休憩があったんで ドライバーのkさんに 相談しようと思ったんだけど  暇が苦手な彼は 

パチンコいってました。(教習の合間に?)

仕方なく 一人で 猛勉強です教本開いて ブレーキの特性 バスの内輪差 一番悩むのが バスの前タイヤは 体の後ろにあるということを 頭で理解できても体が理解できないんです。 

2時間も連続で 散々言われると 

バスに乗るのが 恐怖となるんです。

正直 心が折れそうになりました 

 しかし逃げるわけにはいきません。

そして乗らなくてはいけません。

合宿免許ですから。

お金も前払いです!

4時間目 K村教官です ここで 初めて 何も言われず 1時間過ごすことができました。 S字コーナーも 難なく クリアーです。 正直 少しホットしました。

夜 ホテル帰ってからも 猛勉強です。

翌朝 自分の車で ハンドル操作の勉強です。 何度も何度も

この時 白い巨塔で 唐沢寿明が 屋上で 手術を 思い出しながら イメージしているシーンと自分が重なりました! 

三日目は午後からの教習です少し気持ちが楽ですね

5時間目は t岡教官。鋭角コーナーです。 教官の言うとおり やるとできるんです。これがフツウに 不思議ですね(しかし この甘さが ノチノチ 大変なことになるんです) ハンドル操作 もあまりいわれなくなりました。 

6時間目 ミスターY手自動車といわれる O野教官です。 この教官が一番厳しいといわれます。  確かに厳しいです 一時間 びっしり 理屈で こうげきされます。

しかし わらわは この教官が一番相性がいいです

 本来 理屈で考えてしまうわらわにとっては、 なぜ できないのか? のぜこうなるのか?丸々1時間説明されます。ありがたいです。  一生懸命教えていただきました。

 まずは タイヤの位置を ミラーで確認するんじゃなくて 体にしみ込ませることが大事だということです。 

感謝です。

この夜 なぜか 授業が終わると コンビニにお酒を買いに行く習慣がついてしまったわらわと kさんは 食事の時間に遅れてしまい 近くにの食堂で 食べる羽目になってしまいました。

ここで Kさんの 行動に ひとつ気がつくんだけど

 彼は必ず 店に入ると

 閉店時間を聞くんです。

 彼はやはり 一滴飲むと とことんまで 飲まないと気がすまないみたいです。

つづく。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!大型2輪免許取得

本日やっと 大型2輪免許取得しました!思えば7月8日に入校して以来

7ヶ月かかりました(泣)

乗り越しの連発で マジ苦労しました(泣き泣き)

でも マジうれしいです(喜)

○朗さんもお祝いしてくれました(感謝)

少し酔ってるから この辺で 寝ます

でわでわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧