« GSに パニアケースつけてみた | トップページ | 宝介 行ってきました! »

GSの オイル交換 やってみた!

今日は

ネットで頼んでおいた オイルが到着しました

これだgood

2012_0803_142326img_20120803_142327 

なぜか R1200GS オイル交換 

で検索すると

みなさん このオイルを使用しています

シュプロン20W-50です

これだgood

2012_0803_142403img_20120803_142403

このオイル かなり安いです!!

dollar

オイル交換はGSファイルをみて行います

この本 1冊持ってると 諜報しますよ!

これだgood

P1040243_3

中身も特別に 見せてアゲル

これだgood

P1040244

まずは!このアンダーガードを外します

P1040246

しかーし BMWも

不親切です

このアンダーガード 3種類の工具が必要なんダゼ!

まあ ジャイロよりは マシですけど!

P1040247

外れました!

P1040248

オイルフィルターレンチと ドレンガスケット準備です

これだgood

P1040253

オイルフィルター 外れましたよ!

これだgood

P1040254

オイルキャップを外す専用工具です

これだgood

P1040250

オイルキャップも外します

P1040255

ここで 問題発生!

オイルドレンは 8ミリの ヘキサゴンなんですが

今回の オイル交換には予定外?

というか 準備してませんでした!

オートバイ用?ふつう使わない?でしょ?

近所の車屋さんの H先輩に 栄養ドリンクと引き換えに

借りてきました

これだgood

P1040257

これで

オイルドレン外れました

お約束の

コールタールのような

真っ黒な オイルがでてきました

これだgood

P1040256

ドレンとガスケットです

P1040258

古いオイルが流れる間 しばらく 待ちましょう

今回は エンジン温めないで オイル抜いたんだけど

時間かなりかかりました!

どっちが いいんでしょう?

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

新しいオイルフィルターです:

P1040259

これをはめます

P1040261

しかし

ここで 問題発生!

この オイルフィルターのはめ込みは

トルクレンチで 11Nなそうですが

ワタクシの トルクレンチは 20N以上なんです

また H先輩に お電話して お借りしてしまいました

ほんとに お世話になりました!

オイルドレン ガスケットもはめて

オイルを注入ですが

規定量の4L全部は入れないで

最後少し残して 点検窓見たんですが

一杯入ってるように見えます!

P1040262

ここで

30分くらい エンジンまわすそうです

すると オイル量が 少し下がっています

これだgood

P1040263

ほんとは

この量がベストなみたいですが

個人的サービスで オイル入れてしまいました

これだgood

P1040264

やはり 少し失敗した気がしますが

まあ いいでしょう!

終了です

P1040265

次回のオイル交換は

30000キロで 行いますね

おわり

|

« GSに パニアケースつけてみた | トップページ | 宝介 行ってきました! »

バイク メンテナンス」カテゴリの記事

BMW R1200GS」カテゴリの記事

コメント

オイルを抜くときは暖気してから抜きましょう。
冷えたままだと溝や隙間に入ったオイルがなかなか抜けずにせっかく綺麗なオイルと古いオイルが混ざってしまいます。
オイル量はアッパーラインより少し低めの方がいいです。
多めに入れてしまうとエンジンの空回りに繋がりますのでパワーロスしやすくなります。

投稿: | 2014年5月 6日 (火) 10時53分

どなたか わかりませんが オイル交換の方法をコメントいただきありがとうございます
次回から オイル交換のときは 気を付けます

投稿: にいちゃん | 2014年5月 6日 (火) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40445/46570579

この記事へのトラックバック一覧です: GSの オイル交換 やってみた!:

« GSに パニアケースつけてみた | トップページ | 宝介 行ってきました! »